2月に熊本で展覧会「あったかネパール服と野生エプロン展」

2月9日から、熊本で展覧会がひらかれます。農民服、野生服たちがならびます。

 

2019年2月9日(土)〜17日(日)

熊本 ギャラリーmoe

あったかネパール農民服と野生エプロン展

 

ちくちくワークショップ10日(日)11:00~

縄文ポシェットをちくちくしてつくります。

〒860-0803 熊本市新市街13-24 
tel/fax:096-355-9238 

http://www.gallerymoe.com/

 

「天然生活」にて連載中 第八回「動物のうんちは、種まきというしごと」

「天然生活」にて連載中 第八回「動物のうんちは、種まきというしごと」

 

雑誌「天然生活」にて

フォトエッセイ「くらしがしごと しごとがくらし」が連載中です。

写真は、北京からのお弟子、きょう•よくが撮っています。

 

1月20日に3月号がでました。

第八回は「動物のうんちは、種まきというしごと」です。

アイヌのアシリレラさんからのどきりとするはなし、うんちのはなし…

 

ぜひ、お手にとってごらんください。

 

 

 

 

 

天然生活は、定期購読もできます。

 

お問い合わせ

富士山マガジンサービス カスタマーサービスセンター 

0570-200-223

 

Eメール cs@fujisan.co.jp

地球丸ホームページ http://www.chikyumaru.co.jp

 

 

 

 

 

工房から本をおとどけします 

『火を焚きなさい』につづき、

山尾三省の本『狭い道』にも、早川ユミが解説をよせています。

彼が、家族との生活をとおして、伝えてくれたことは、家族とまいにちくらすことが、

社会を変えるということだ。土を耕し、いちにち、いちにちをおくるくらしが、いま、まっとうで、あたらしい。

(『狭い道』あたらしい家族論 早川ユミ解説より)

 

 

詩人•山尾三省は1997年、家族とともに屋久島へ移住した。

本書は、経済的な勝ち負けや物質的な豊かさに背を向けた暮らしのなかで、

日々の思いをつづったエッセイ集である。

妻や子供たちのこと、野山で働くこと、お金のこと、ローカルな社会のこと、

自然の恵みを味わうこと、海や友だちを心の底から愛すること。

「嘘のない人間の生活」を求めた詩人のことばは、

本当に大切なものは何かと、いまを生きる私たちにやさしく問いかける。

 

    

『火を焚きなさい』

三省さんの詩は、わたしたち人間の、生きのこりと生存をかけた、ことばなのです。

縄文人のようなアニミズムの感覚をひとりひとりがよびさまし、

火を焚き、木にのぼって実をもぐために、山尾三省の詩は、

いまの時代にますます、ひつようとされている。

わたしがわたしをとりもどすために。あなたがあなたをとりもどすために。

(火を焚きなさい 山尾三省の詩のことば 早川ユミ『根っこのひと』より)

 

 

山尾三省の本は、工房からおとどけできます。

●『火を焚きなさい 山尾三省の詩のことば』1940円+送料180円

●『狭い道 家族と仕事と愛すること』2370円+送料180円


<早川ユミの本>

『からだのーと』 1940円+送料360円

『種まきびとの絵日記 はるなつあきふゆ』1620円+送料360円

『旅する種まきびと』1620円+送料180円

『種まきびとの台所』1940円+送料360円

『種まきびとのものつくり』2050円+送料360円

『種まきノート』1940円+送料180円 

『ちいさなくらしの たねレシピ』 1620円+送料180円

『野生のおくりもの』 1728円+送料360円

『ハンドメイド本 野生と生きるための12ジャケット』 2000円+送料180円

 

 

ご希望のかたは、住所、氏名をかいて

yumipepe@nifty.comにメールください。

 

サイン本もできます。ご希望のかたは、その旨と宛名をかいてメールください。

 

 

<鎌倉>セツローのものつくり展がひらかれています。

 

セツローのものつくり展

 

2019年1月10日(木)ー1月28日(月)

会期中休|1月15日(火)、22日(火)

 

 

故•セツローさんのものつくり展を開催いたします。

セツローさんの作品は、のびやかでユーモアがあり、

もの言わぬ者たちへの優しい眼差しにあふれています。身近な道具や、

野の花を中心に植物のスケッチ、玉選びから拭き漆までひとりで仕上げたかんざし、

晩年最後まで制作を楽しまれた土人形など、往年の作品展示を行い、

可笑しみや眼差しをもって生き続けたセツローさんのものつくりの魅力を

ご紹介いたします。ぜひお出かけください。

 

※会期中、うつわの常設展示を行います。あわせてゆっくりご覧ください。

 

うつわ祥見 KAMAKURA

248-0006 神奈川県鎌倉市小町1−6−13コトブキハウス2F

TEL | 0467-23-1395

OPEN |12:00-18:00

定休日 | 火曜日

JR横須賀線•江ノ島電鉄

鎌倉駅東口下車 徒歩1分

http://utsuwa-shoken.com

 

<埼玉>タブリエとブラウス展 開催中

<埼玉>タブリエとブラウス展 

 

1月18日(金)から2月3日まで、埼玉のあるぴいの銀花ギャラリーにて展覧会がひらかれます。

 

 

フランスの農婦はみなタブリエをして、畑の作業や収穫のしごとをします。

たっぷりした布をまくことにによって、あたたかく、野良しごとにもぴったりです。

うつくしい自然のなかでは、うつくしい衣服を。

うつくしいくらしが、社会をかえる。

 

タブリエとブラウス展

2019年1月18日(金)〜2月3日(日)

11:00ー18:00(最終日16:00まで)火・水休み

作家在廊日1/18・19(ワークショップ開催日)

 

ちくちくワークショップ

縄文ポシェットをつくる

日時:1月19日(土)13:00ー15:00 2時間を予定

参加費:4,000円(材料・お菓子・お茶込)

持ち物:糸切りばさみ

 

会場:あるぴいの銀花ギャラリー

埼玉県さいたま市大宮区北袋町1-130-9

Tel.048-647-2856

http://alpinoginka.com/

 

ちくちくワークショップ
縄文ポシェットをつくる
★ 急遽 1/20に追加開催となります。

日時:1/19(土)13時〜2時間を予定

追加:1/20(日)11時〜2時間を予定

参加費:4000円(材料・菓子・お茶込)

持ち物:糸切ばさみ(インフルエンザが心配の方はマスク)
 
ワークショップ申込み


Tel:048-647-2856(11:00〜18:00・火 水 定休)

Mail:info@alpinoginka.com

 

<< | 4/147PAGES | >>