「天然生活」にて連載中

「天然生活」では

「くらしがしごと しごとがくらし」が連載中です。

今回は、種についてのおはなしです。

 

本屋さんでぜひお手におとりください。

 

 

天然生活は、定期購読もできます。

 

お問い合わせ

富士山マガジンサービス カスタマーサービスセンター 

0570-200-223

 

Eメール cs@fujisan.co.jp

 

 

からだのーと

 

わたしの呼吸にかえりましょう。

 

わたしのからだに、ほほえみましょう。

 

わたしのからだを楽しみましょう。

 

わたしを慈しむことが、となりのひとに、

 

やさしい気もちを抱くことになります。

 

平和な社会をつくるための秘訣は、わたしのからだをたいせつにすることです。

 

そうして、はじめて、じぶんのいのちの声に耳をすますことができるのです。

 

 

 

「からだのーと」まえがきより

 

 

工房より本をお送りできます。

 

早川ユミの本

『からだのーと』 1980円+送料

『種まきびとの絵日記 はるなつあきふゆ』1650円+送料

『旅する種まきびと』1650円+送料

『種まきびとの台所』1980円+送料

『種まきびとのものつくり』2090円+送料

『種まきノート』1980円+送料 

『ちいさなくらしの たねレシピ』 1650円+送料

『野生のおくりもの』 1760円+送料

『ハンドメイド本 野生と生きるための12ジャケット』 2200円+送料

 

(消費税率の変更に伴い、価格を変更しています。) 

 

ゆうメールでお送りいたします。

 

ご希望のかたは、住所、氏名をかいて

yumipepe@nifty.comにメールください。

 

サイン本もできます。ご希望のかたは、その旨と宛名をかいてメールください。

 

 

「うかたま」秋号がでました

 

 

季刊「うかたま」では早川ユミのちくちくしごとが連載中です。

 

第8回は、旅茶わん袋を紹介します。

手品のように、くるりとひっくりかえすとうわーっとできあがります。

 

 

はじめての方でも、つくりやすいように写真つきで説明しています。

ぜひ、お手にとってごらんください。

 

 

「早川ユミのちくちくしごと」

第1回 ちくちくぞうきん

第2回 布ナプキンとあずま袋

第3回 ふんどしパンツとシミーズ風

第4回 畑もんぺ

第5回 柿渋染めエプロン

第6回 カレンシャツとカレンワンピース

第7回 みつばちブラウス

第8回    旅ちゃわん袋

 

うかたまは、定期購読もできます。

1年間4冊2970円(本体)

バックナンバーのみのご注文の場合は、送料は一冊120円、

4冊以上は400円です。

 

お申し込み

電話0120-582-346

ファックス0120-133-730

インターネットhttp://shop.ruralnet.or.jp/

 

書店の場合 お近くの書店にて、年間購読の旨をお申し出ください。

その書店へ、確実にお届けします。

<高知>海花布土木での展覧会の日程の訂正

全国のギャラリー、書店でお配りしている「野生と生きるためのちくちくツアー2018+2019」

内容に訂正がございます。

 

チラシ内12.7-12.23

海花布土木での展覧会について、

日付がかわりましたのでお知らせいたします。

 

訂正後は、こちらの情報になります。

2019年12月7日(土)〜12月15日(日)

高知 海花布土木 

ちくちくワークショップ12月8日(日)

野生と生きるための12ジャケット巡回展

 〒780-0822

高知県高知市はりまや町2−8−8 あんどうビル2F

tel  088-884-2296

http://hanafudoki.exblog.jp/

弟子日記 稲霊さまがきた

今年から、しごと場のまえではじめた田んぼ。八月の終わり頃に穂がではじめました。


ある朝しごとにくると、

「たいへん!稲が病気になっている!」とあわてて田んぼを見にいきました。

穂先にコーヒー豆のようなものがついているのです。さわると黄色い粉が手につきます。

 

なんだろう、と調べてみると

これは天然のこうじ菌なのだそうです。

むかしは「稲霊(いなだま)さま」とよばれて、ここから味噌やお酒をつくっていたそうです。


いまは、稲霊さまがつくことでお米が黒くなってしまうことから、病気だといわれて消毒されてしまうのだそうです。


なんでもじぶんたちでつくっていたころには神さまのような存在だったのに、世の中の価値観で病気という見方になってしまう。


稲霊さまのことをおもうと、ちょっとかわいそうって気持ちと、

ほんとうは、むだなことはないんだなとおしえてもらったような気がしました。


まり


<< | 3/161PAGES | >>