今月より馬喰町と石巻で展覧会がはじまります

高知でひらかれた『野生のおくりもの』展が

今月は東京の馬喰町ART+EATでひらかれます。

 

早川ユミの本「野生のおくりもの」の原画や、

原画を手がけたミロコマチコとのコラボレーション衣服、

絵を描いた布のかけら、家猫設計(芝美緒子)によるインスタレーション「小屋」、

早川ユミの野生服やおやこもんぺたちがならびます。

会期中にはワークショップやおはなし会もあります。

 

<東京>『野生のおくりもの』展-ミロコマチコ×家猫設計(芝美緒子)×早川ユミ-

馬喰町ART+EAT

会期: 7月24日(火)-8月11日(土)※最終日は17:00まで

作家在廊日:7月27日(金)、28日(土)

 

●ワークショップ7月27日(金)

第一回 [ミロコマチコ 絵でつくる畑]

    時間13:00-15:00

                会費:2000円 ※材料費込み(お茶とお菓子つき)

                定員:15名 要予約(3歳~小学生まで)

 

第二回[早川ユミ ちくちくワークショップ]

    時間17:00-19:00

                会費:4800円 ※材料費込み(お茶とお菓子つき)

                定員15名 要予約

 

●おはなし会「野生を生きる」ミロコマチコ×早川ユミ

7月28日(土)  定員:40名 要予約

18:00=開場/18:30=開演/会費:2500円(野生べんとうとドリンクつき)

 

馬喰町ART+EAT

東京都千代田区東神田1-2-11アガタ竹澤ビル202

TEL03-6413-8049

営業時間:火,水,木=12:00-19:00 金,土=12:00-21:00

定休日:日,月,祝

 

 

また、おなじ期間中に宮城の石巻で展覧会がひらかれます。

石巻出身の3人のつくり手と、早川ユミのコラボレーション作品がならびます。

会期中にワークショップもひらかれます。

 

<宮城>『コラボレーションのちくちく』展-石巻の3人の作家とのコラボレーション-

石巻 まちの本棚、観慶丸本店

会期:7月21日(土)-8月12日(日)

 

●ちくちくワークショップ 縄文ポシェットをつくる

7月29日(日)  15:00-17:00

場所:石巻まちの本棚

参加費:4300円(材料費込み、本棚スタッフの特製ドリンクつき)※当日お支払いください

持ちもの:糸切りばさみ※床に座っての作業になります。座布団などご自由におもちください

定員:15名

メール:bookishinomaki@gmail.com (件名は「ちくちくワークショップ申し込み」とし、

氏名•ご連絡先•電話番号•参加人数をお知らせください。)

 

石巻まちの本棚

宮城県石巻市中央2-3-16たん書房ビル1階

営業時間:11:00-18:00

定休日:火~金

http://bookishinomaki.com/

 

観慶丸本店

宮城県石巻市中央2-8-1

TEL:0225-22-0151

営業時間10:00-18:00

定休日:火

http://kankeimaru.com/

フジロックフェスティバルと日にちがかさなっていますが、

ぜひ夏休み中に馬喰町や石巻にあそびにおでかけください。

雑誌「うかたま」と「天然生活」の連載

2つの雑誌で早川ユミの連載がはじまりました。

 

『季刊 うかたま』では

「早川ユミのちくちくしごと」と題して、くらしをつくる衣服や布のものの作り方を紹介しています。

 

 

『天然生活』では

「くらしがしごと しごとがくらし」というタイトルで

くらしの歴史とその移り変わりについて見なおしたり、うつくしいくらしって何だろうと

わたしなりに日々考えていることをつづります。

 

 

どちらの連載も

たくさんの方に読んでいただけるとうれしいです。

雑誌『天然生活』に、連載がはじまりました

雑誌『天然生活』の8月号に、

早川ユミの連載『くらしがしごと しごとがくらし』がはじまりました。

第一回目のテーマは「くらしは、わたしじしん」です。

 

写真は北京からやってきた弟子のきょう・よくが撮っています。

今回の写真のテーマは河井寛次郎の版画「暮らしが仕事、仕事が暮らし」です。

 

ユミ:「きょうちゃんは初めて日本での写真の仕事はどうでしたか。」

きょう:「今回の連載の写真を撮らせていただいて、本当にありがたいと思います。

自分の撮った写真が雑誌に載ったのをみて、とてもうれしくて、達成感があります。

これからもっといい写真を撮れるよう頑張っていきたいと思います。」

 

 

ぜひ、ごらんください。

 

赤木智子の生活道具店が大分市「富春館」でひらかれています

赤木智子さんの生活道具店に

早川ユミのスカートとちくちくなべつかみを出展しています。

 

赤木智子さんとは20代のごろ出会いました。

新宿の玄海というギャラリーを運営していました。

わたしもテッペイもそこで個展をひらいたことが

きっかけでふかいふかいつながりで結ばれています。

 

とても魅力的な赤木智子さんに会いにお出かけください。

 

うつわ 小野哲平展  札幌にて

札幌にて、明日から小野哲平の展示がはじまります。

 

『うつわ 小野哲平展』

素朴だが、力強く、

あたたかさを包み込んだうつわ、

濃密な感性が息づく器、

それはきっと

心を揺さぶるうつわだ

 

2018年6月28日(木)-7月3日(火)

※28日(木)作家在廊

11:00~18:00

 

札幌市中央区南2条西24丁目1-10

TEL 011-621-8455

株式会社 青玄洞

http://www.seigendo.net

 

小野哲平さんは、山と棚田に囲まれた高知県谷相で、

暮らすことを大事にしながら日々、

「焼きもの」に真摯に向かっています。

心に響くうつわとの出会いがありますように、

どうぞお出かけください。

| 1/123PAGES | >>