<< 早川ユミの本棚 工房から本をおおくりします。 | main | 山尾三省「火を焚きなさい」解説をよせています。 >>
来年はさいたまからちくちくツアーがスタートします。

来年の展覧会はさいたまからスタートします。

 

 

フランスの農婦はみなタブリエをして、畑の作業や収穫のしごとをします。

たっぷりした布をまくことにによって、あたたかく、野良しごとにもぴったりです。

うつくしい自然のなかでは、うつくしい衣服を。

うつくしいくらしが、社会をかえる。

 

<埼玉>ブラウスとタブリエ展

2019年1月18日(金)〜2月3日(日)

ちくちくワークショップ1月19日(土)

縄文ポシェットをつくります。※要予約

 

会場:あるぴいの銀花ギャラリー

埼玉県さいたま市大宮区北袋町1-130

Tel.048-647-2856

http://alpinoginka.com/