あたらしい本 『野生のおくりもの』

早川ユミのあたらしい本

『野生のおくりもの』が

7月下旬、アノニマ・スタジオから

発売されます。

ミロコマチコさんの表紙絵と挿画

田口ランディさんとの対談など

盛りだくさんの内容です。

くわしくはアノニマ・スタジオのホームページを

ごらんください。

http://www.anonima-studio.com/books/essay/yasei-no-okurimono/

ちくちくワークショップ・冷えとりワークショップ・湯たんぽぶくろをつくる

福岡の梅屋にて、来週7日(金)から、セツローさんとのふたり展がはじまります。

7、8日日には、ひさしぶりの『からだのーと』出版のちくちくワークショップをひらきます。

梅屋さんが、からだの健康をかんがえるところなので、みなさんとゆたんぽぶくろをちくちく縫いながら

からだのお手当のひとつ、冷えとり健康法について、おはなしします。

みなみのほうでは、さいごの冷えとりワークショップです。みなさぜひご参加ください。

(現在4月に「ちいさなくらしのたねレシピ』が出版されたので、「たねまきワークショップを展開中)

福岡 クラフトの店梅屋 小野セツロー+早川ユミ 二人展

 

福岡県 早良区 クラフトの店梅屋にて

2017年7月7日(金)から

7月17日(祝・月)まで

小野セツロー+早川ユミ 二人展を

開催します。

7日と8日には早川ユミのちくちくワークショップもあります。

ぜひおはこびください。

 

2017年7月7日(金)〜7月17日(祝・月)
※会期中、11日(火)は休み
 早川ユミ 在廊日 7日、8日

 

クラフトの店梅屋ホームページ

http://isigamakenkoumura.com/umeya/index.html​

 

ちくちくワークショップ

呼吸レッスンや冷えとりのお話をききながら、谷相の暮らしやわたしたちの暮らしのことも

みんなで話しをしなら、湯たんぽ袋(湯たんぽを入れないときは、くつ下など、小物を入れるのにつかえる巾着袋)

をつくりましょう!
 

 1回目:7/7(金)14:00 〜16:00

 2回目:7/8(土)10:30 〜12:30 

参加費:3,800円(材料費込み・お茶つき)

持ち物:糸切りはさみ

 

◎ お電話かメールにてお申し込みが必要です。

メール:umeya@isigamakenkoumura.com

電 話:092-872-8590(梅屋)


 

 

弟子になって学びたい方を募集します。

 

わたしの展覧会の作品つくりやものつくりの活動、

うつくしいものつくりに関心がある方。

山のてっぺんにくらすので、くるまの運転ができること。

 

谷相に住みながら、ちくちく布しごと、畑のしごと、本つくり。

わたしの弟子になって学びたい方をもうひとり、募集します。

 

展覧会の初日にきてくださると、お会いできます。

またちくちくワークショップにご参加ください。

メールでご連絡ください。

 

yumipepe@nifty.com

小野セツロー 早川ユミ展

 

 香川県高松市にある まちのシューレ963ギャラリーにて

 6月16日(金)から7月3日(月)まで

 早川ユミ たねまき生活の衣服たち展

 小野セツロースケッチ展 開催いたします。

 ぜひおはこびください。

 

 作家在廊日:6/16 , 6/17

   ※ 6/19(月)定休日

 

ワークショップ
「たねまきエプロンをつくる」
たねまきする季節には、たねポケットのある衣服を着ます。
たねをあちこちのポケットにしまい、畑にたねをまきます。
たねポケットは、なにかしら手のよりどころになるのです。
みんなで楽しくおしゃべりしながら、つくりましょう。

日時:①6月16日(金) 13:00〜15:00 ②6月17日(土) 11:00〜13:00
場所:まちのシューレ963 ギャラリー内
参加費:4,300円(飲み物、おやつ付)
持ち物:糸切りばさみ
定員:各回15名(先着順・要予約)
※キャンセルの場合は2日前までのご連絡をおねがいします。
それ以降のキャンセルは¥3,000をいただきます。

詳細はこちら→http://www.schule.jp/news/2017/05/001396.html

| 1/112PAGES | >>